トランプとアベはとうとう一卵性サイトパス兄弟

2017/8/1(敬称は省略します)

トランプとアベはとうとう一卵性サイトパス兄弟

支持率35と公表299の低空飛行の二人が北問題で電話会談して痛くお互いに傷を舐めあって慰めたらしい。そして中国とロシアの北に対する制裁の見て見ぬふりを酷く詰ってさらに制裁の完遂をお互いに確認したという。そこには世界一のスーパカントリーと言われた超大国の威厳と力の誇示はすでにない。情けないことにトランプは自分を理解してくれるのはおまえアベしかいないとまで持ち上げた。そのアメリカでも北への反発は軍事行動までを示唆するはそれでも50をすこし超えた程度だ。やはりアメリカは北とは距離があるのだ。中には北朝鮮の場所すら知らないのが相当数いるはずだ。いっぽうICBM実験のたびに経済水域近くに殆ど近接するまでに精度を増してきている日本はアベは枕を高くして寝ておれない。ましてや己の蒔いた種の私利私欲問題でそれでも寝不足で猛暑の二重、三重苦で苛立つアベの心中はもうトランプの慰めしかないほどに精神的に追い詰められている。こんな時に弱気のトランプがとくに中国が非協力的な姿勢をこれからも続けるのは今までの経緯をみれば明らかだ。これでここしばらく突いた北が中国とロシアの技術サポートでさらに究極的

に完成度をますのは間違いない。つまりは日米はとくにトランプ、アベになってからでも全くの北に対する恐怖の危険度を甘く見ていたそのツケがそれぞれの国民からいま指さされている。

さてどうするのだどもみたいなチャチナ話ではないかそのことを思えば前任のオバマはまだしも習との間にそうならないためのある意味のホットラインがあったやに思う。それにしてもアメリカを試し、嗾けるアベの立ち位置はちょっかいにも見えていちばんの愚策だ。いずれEZ経済水域にドカンと打ち込んで来よるかもしれん。そういうすべてを織り込んで国家というものは外交をしている筈なのに、なんでも泣きつくのはアメリカではも見ていられない子供外交だ。やはりこいつがガンで日本はひとを代えないといかん。

今も必死で考えていることはおのれの延命だけだ。日本はとんでもない奴がいまトップで右往左往している。亡国の危機だ。二階が巨大な防空壕を建てなきゃいかんときのう報道陣に。流石に国連への提起はやっても中国とロシアが反対するので今回はやめたという。今頃気が付いたのか

サイトパス兄弟でどうなることか習とプーチンと刈り上げの高笑い。

その巨大防空壕は何処に笑い話ではないですぞ。国土強靭化計画の再見直し、二階は加えて財政規律なんて呑気なことを言ってる場合ではないときっぱりと言い放ったという。きのうのことだ。みーんなアベがアホじゃから。

二階は仕方がないから小池と組んで第2保守党を作れ。民進党はこれで確実に消滅だ。そして日本防衛の救国内閣を作って小池首班政府をぶちあげろ。都知事は臨時に小池が非常時につき特別非常時兼任とする。なおオリンピックは非常時につき中止か延期とする。もうオリンピックはクーベルタン男爵の理想と程遠い商業主義と政治の介入でスポーツ精神主義の根幹から離脱しすぎで

もう効用の限界はとっくに超えた。スポーツをこれ以上特別扱いにはしない方がいい。